2006年07月28日

五感

何度も歩いた町の風景。
ずっと聞いていた音楽。
いつも飲んだお酒の味。
煙草の匂い。
手のひらの硬いまめ。

人の記憶は五感によって生まれる。
思い出して切なくなるのは、満たされていた五感のどれかが欠けてしまっていて、それを恋しく思うから。

アリシア・キーズの歌声とピアノを聞きながら、そんなことを考える。

何かを捨てないと新しいものを手に入れることはできない。
それを分かっていながらも恋しく思うのは、わがまますぎるのだろうか。
posted by カナ at 01:32| Comment(25) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

抜粋

「…東側と南側に窓のある私の部屋では、夏、暑さで目が覚める。
じっとりとかいた汗を吸った重い布団とだんだん暑さを認識する重い頭で、お世辞にも良い目覚めとはいえない。
こんな朝は、これから始まる一日が、あまりに気だるく、この上なく憂鬱に感じるのだった。
時計は午前5時になろうとしている。
窓からは、グレーがかった明るいブルーの空がのぞく。
それは、今の私にはあまりに無機質で威圧的にすら思えた。」
posted by カナ at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

ピアノ

せつない気持ち。
あの頃に帰りたい。

まいにち練習していた。
ちょっとでもうまくなると、うれしくなってまた弾いた。

もうあの頃のように指は動かないだろう。

それでもいいのに。
やればいいのに。
プロでもあるまいし。

あの音が聞きたいのだ。
一緒に音を奏でる。ひとつの奇跡。
posted by カナ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

エネルギー

 私は、いま死のうとは思わない。
それは、生きたいということになる。
そのエネルギーは大きいと思うのだ。

 最悪もあれば、最高もある。
憧れてみても、隣の芝生は青いだけ。
食べられるだけ食べてしまえ。
したたかに、強くなれ。
私は何もできないが、戦友にはなれる。
逃げるのも作戦のひとつ。
かわすのも作戦のひとつ。

最悪であっても、生きているということだけで大きなエネルギーだ。
ラブ。
元気な顔がみたいんだよ。
posted by カナ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

ひとりでできるもん

image/cmvblog-2006-03-06T23:33:27-1.data
はじめて、ぷぅがごはんを作ってくれた。
うれしい。
チャーハンのごはんがごろごろして、ところどころ焦がしたりなんかしていたのは、もうずっと前のこと。

ソーセージやたまねぎの具もきれいに切ってあって、味付けもほどよくて、とてもおいしかった。
おいしくておなかいっぱい。幸せ気分。
ありがとう。

また作ってくれるかなぁ。
posted by カナ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

image/cmvblog-2006-03-06T03:19:43-1.data
朝が好き。
もともと夜行性。

大音量の音楽と大量のお酒と煙草の空間から一歩出てみると、白く澄みきって私を迎えてくれる朝。
日常の異空間から、日常にもどる時の儀式みたいだ。

夜遊びすると、いつも思い出す言葉。
イベントの帰りの車の中で、彼はラジオのスイッチをいれた。
後ろの二人は寝ているみたいで、静かにしている。
ラジオからは、爽やかな声のDJの紹介のあとでケミストリーの新曲が流れていた。
「俺、車のってラジオ聞いたら現実に戻ってきたなぁって思うわ。」

何でもないひとこと。
助手席から見る彼の横顔は笑っても疲れてそうでもない普通の顔で、信号待ちの間もまっすぐ前をみていた。

やっぱりかっこよくて、うれしくて、この言葉は忘れへんやろうなという気がした。
posted by カナ at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

猫と犬

猫。
気まぐれで何を考えてるのやら。
かまってほしいの。
今日はほっといて。
振り回されっぱなし。

ところが最近、犬も頑張りだした。
餌くれよ。
散歩行こうよ、かまってくれよ。
忠犬ハチ公だって、吠えるときは吠える。

そんな新しいバランスができつつある今日この頃。
とりあえず、猫も犬も居心地のいいところが好きなことに変わりはない。
posted by カナ at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

砂遊び

青春ごっこ。

本当の自由にはなれなくても、せめて何に捕われているか自覚していたい。
自分のルールには従う。

私は、自分の好きな人と好きなときに楽しく過ごしているだけ。
ただ、それだけ。
他に何が必要だと言うのか。

おままごとをするような年でもなかろうに。
posted by カナ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

愛しているといってくれ

 今日はたくさん眠った。
いちにちの半分くらい寝ていた。
ふわふわの布団にくるまってだんだんと眠りに落ちていく。
気持ちよくて、何度も眠る。

たくさん夢を見た。
彼の夢を見た。
久しぶりに長い時間一緒に過ごせたからかもしれない。
リアリティ―のある夢で、現実に起こったことなのか夢の中のことなのかちょっと分からないくらいだった。

現実でなかなか聞けないことばを聞いて、あんまりびっくりしたので、目が覚めてからしばらく考えた。
私は彼にそう言って欲しいのかな。
私は彼に言えるだろうか。

明日は、記念日。
posted by カナ at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

ループ

【ループ】
輪。糸・ひも・針金などで作った環状のもの。

 何度も同じことを繰り返してしまっているのかもしれない。
でも、少しずつ違う景色も見えてきたような気がして、それに過度な期待をしてしまう。
それが錯覚かもしれないって思い始めて、またループする。

 寝る前に、コンポを“RPEAT DISC”モードにする。
そして、“SLEEP TIMER”を“90min.”にセットする。
そうしたら、同じCDが繰り返し流れて、90分後に電源が切れて、とまる。

私たちにもタイマーはセットされているのだろうか。
いつの間にかセットしてしまっていたのだろうか。
posted by カナ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

女心の恋の歌

―長からむ心も知らず黒髪の乱れてけさは物をこそ思え

百人一首の中にある有名な歌。
現代語訳すると、
「ずっと好きやでっていうてくれたけど、そんなん分からへんし。あてにならへんよ。
だから、今朝は髪が乱れてるみたいに、心も乱れてるねん。いろいろ考えてんの。」

そんなんゆうんやったらもっと一緒にいてよ。

あてにならへんとか思うけど、やっぱり好きって聞きたいの。言うてほしいの。

いろいろ考えてるねんで、何考えてるか分かる?

などなど、歌に隠された女心を読みとってみる。

今も昔も一緒やな。
posted by カナ at 04:52| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

年下の男の子

 めんどくさいが口癖だった男の子は、2年振りに会うと、ひとりの大人の男になりつつあった。

自分のしたい仕事のために、より厳しい世界へ踏み込む。
将来のことを話す口ぶりは、真剣そのもの。

料理を味わう顔付きは、やっぱり職人で、ダーリンがケーキを食べるときの表情に似ていた。

 バレンタイン1週間前。
小さなチョコレートをプレゼント。
予想外に喜んでくれたその表情は、高校時代の懐かしい笑顔。

チョコレートが嬉しかったのか、彼の優しさか。
ごはんもお茶もごちそうになってしまった。
もはや年下と思えないくらいに大人になった「年下の男の子」。
厳しい世界で、今よりもっともっとたくましくなっていくんだろうな。

楽しみなような、淋しいような。
次はいつ会えるだろうか。
posted by カナ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

さらさ

image/cmvblog-2006-02-06T01:12:25-1.data
 カフェ・ミネルワでよく話題にする「さらさ」。
今日はそのお話。
この素敵なカフェは、富小路と西陣とふたつある。
それぞれに素敵で、どちらのさらさにも通いたくなる魅力がいっぱいなのだ。

 さらさとの出会いは、富小路が最初。
意外や意外、凄腕ベーシストM氏とふらりと立ち寄ったことから始まる。
そのときは、名前も知らなかったのだけれど、雰囲気の良いお店やしまた来ようと記憶にメモしておいた。

そして、そんなことも忘れかけていた頃。
懐かしい友達と久しぶりに集まったときに行ったのが2回目。
その時に、「さらさ」という名前であることと食事やドリンクがおいしくて安いということを知るのである。

それから、頻繁に通うようになった。
まず、ダーリンと一緒に。
親しみやすい雰囲気とおいしくて手頃な値段のメニューに、彼も大満足。
ふたりのお気に入りの店になったのだった。
その後、まいちゃんやぷぅとも楽しい時間を過ごしている。
連れて行った人たち皆お気に入りみたいだ。

 富小路さらさに通い出して、しばらくした頃。
彼が、家の近所に「さらさ」という名前のカフェがあるという。
何でも古い銭湯改装したつくりで前から気になっていたらしい。
それは行ってみなくては!ということで出かけたのが西陣のさらさ。

西陣を発見してからは、街に出たときには富小路、ダーリンの家に行ったら西陣というように使い分けている。
お風呂屋さんの名残がおもしろい雰囲気をとるなら西陣、メニューの豊富さをとるなら富小路かな。

 おもしろいのは、地元山科にもさらさをよく知っている人がいたことである。
昔よく行ったというのりちゃん。
ザッハトルテが好きなぷぅ。
京都は本当に狭い。
posted by カナ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

温度

 温度が変わってしまったんだと思った。
それを温度と呼んでいいのか、いつからそうなったのか、何でなのかもわからないけれど。

 それはたぶん、冬には何も起こらないって思ったのと同じ感覚で、理由はわからないけれど断定的なことに思えた。

 それが変わったことでこれからどうなるかは、まったく予測できなかった。
明日になれば消えるのか、このままずっと続くのか、どうすれば前のように戻れるのか、何もわからなかった。

 この変化は、わからないことだらけの中で起こっていて、それがまた私を不安にさせた。

 わかっていることは、ふたつだけ。
この変化に気づいているのは私だけではないということと、これはポジティブにとらえられるものではないということだった。
何かが、私が前に感じていたものとは変わっていた。
居心地の良い安心感や落ち着きはなくなっていて、みぞおちが疼いてくるような不安感でいっぱいになっていた。

 これらのことに気づいた私は、とにかく窓を開けて煙草に火をつけた。
冷たい空気と冬の匂いが部屋に流れ込んできて、気持ちよかった。

つづく
posted by カナ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

身支度

image/cmvblog-2006-01-26T00:55:13-1.jpg
image/cmvblog-2006-01-26T00:55:14-2.jpg


さぁお化粧して。
ストールも巻いて。
今日は久しぶりのおでかけ。

キラキララメラメバック。
シンプルピンヒールブーツ。
お肌のお手入れにスクラブも。

おしゃれなカフェでランチ。
おいしいケーキでブレイク。

仕上げは美容院で、がらりと変身デジタルパーマ。

これで満足。
さぁおうちへ帰ろう。
posted by カナ at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

チロル革命

image/cmvblog-2006-01-24T20:22:13-1.jpg
消しゴムと比較してみる。
けっこうでかい。

image/cmvblog-2006-01-24T20:22:14-2.jpg
シャープペンシルと比較してみる。
まぁまぁでかい。

image/cmvblog-2006-01-24T20:22:14-3.jpg
一般的なチロルチョコと比較してみる。
かなりでかい。

posted by カナ at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

ホームシック

ブログを引っ越して、まだまだ日は浅い。
でも、もうホームシック。

用事があるわけではない。
そんなに久しぶりなわけでもない。
淋しがりなのは、もともと。
不安に思っても仕方ないし、あちらも意に介せず。

ムーミンママは絵を描いて、ホームシックを乗り越えた。
眠り虫にやられている私は、眠って乗り越えよう。
posted by カナ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

このはしわたるべからず

試験勉強に飽きてきた。
ひまわりでほぐしてもらった肩もコリコリ。
もう疲れた。


飽きてる場合じゃない。
そんな甘いものではないのだ。
何しろ今回はほぼ全教科出席ゼロ。
早く机に向かわなくては。


いやいや。危ないやばいと言いつづけて、取得単位95。
一夜漬けで「良」もらったりもした。
今回もなんとかなるはずだ。


完全になめきってるな、これは。
どうしよう、どうしてくれよう。
「いっきゅーうさーん。」

はーい。
焦らない焦らない。
ひとやすみひとやすみ。
posted by カナ at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

ビスコッティ

image/cmvblog-2006-01-20T17:04:07-1.jpg
イタリアのトスカーナ地方で作られる、堅焼きクッキー。
コーヒーに浸してたべるのもおいしい。

「ビスコンティ食べたい↓」
それ、ちょっと違うよ。
image/cmvblog-2006-01-20T17:04:08-2.jpg
posted by カナ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。